口コミでも高評価!女医が中絶を行う病院を徹底比較~東京編
中絶を女医が行う安心クリニックNavi
HOME >  中絶後のケア~望まない妊娠をしないために >  緊急避妊法~アフターピル

緊急避妊法~アフターピル

 避妊に失敗してしまった!という時に、一定の時間内に薬を服用して、妊娠を防ぐのが、緊急避妊法「アフターピル」です。このページでは、アフターピルの使い方や効果、副作用等についてご紹介いたします。

アフターピルとは?

性行時に避妊をしなかったり、失敗をしたという時、性行後72時間以内に服用すると妊娠を防ぐことができる避妊の最終手段です。排卵を遅らせたり、子宮内膜(赤ちゃんのベッド)の状態を変化させて妊娠の成立を防ぎます。

2011年5月に、国内で初めて認可された最新のアフターピル「ノルレボ錠」は、旧式のアフターピルの服用時、極めて強かった吐き気、嘔吐感がかなり改善されているうえ、1度の服用で効果があるということから、現在多くのクリニックで推奨され始めています。

アフターピル「ノルレボ錠」のデメリット

ノルレボ錠の妊娠阻止率は70~80%で、旧式に比べ、格段に阻止率が高くなったとはいえ、100%ではありません。あくまでも最終手段であり、性行為の度に使うものではないのです。もしも、既に妊娠が成立してしまった後に薬を服用しても、その妊娠を薬によって中断させることはできません。

また、早い人では、アフターピルの内服後、7日以内に、消退出血(ホルモンの減少により内膜がはがれて出血すること)がおこります。本来緊急避妊薬を内服した後の出血は避妊に成功したと解釈されますが、実は他の原因による不正性器出血や避妊に失敗し妊娠した初期の出血と判別がつかないこともあります。月経周期を確認して、異常があれば念のため婦人科を受診する必要があるでしょう。

アフターピルだけでは心配な場合、低用量ピルとの併用で、消退出血を回避しながら、次の月経予定日を確定させることもできます。「せいこレディースクリニック銀座」では上記のような処方を行っているそうですので、心配な方は受診してみるとよいでしょう。

もう一つの心配は、ノルレボ錠服用後に、性行為を行った場合です。薬剤を処方してくれるクリニックでも必ず注意を受けるとは思いますが、ノルレボ錠は、その時1回限りの効果しかありません。ノルレボを服用しても失敗をする原因の一つが、服用後に性行をしてしまったことにあります。できれば、次の月経が確認されるまでは、性行為を控え様子を見ましょう。それが難しい場合は、低用量ピルとの併用をおすすめします。

ノルレボ錠の費用

各クリニックによって、価格に開きがありますが、およそ10,000~20,000円位となります。1回に付きそれだけの費用が掛かるとなると、それが複数回続けばかなり高額の出費になってしまいます。

そうならないよう、基本的には、確実性のある低容量ピル「OC」を服用することをおすすめします。

年中無休&夜20時まで アフターピルの処方はこちらへ