口コミでも高評価!女医が中絶を行う病院を徹底比較~東京編
中絶を女医が行う安心クリニックNavi
HOME >  中絶後のケア~望まない妊娠をしないために >  術後の生理と注意点

術後の生理と注意点

 ここでは、中絶手術後、生理がくる時期やセックスを開始してよい時期、日常生活で注意すべき点について解説しています。

中絶手術後の生理はいつから?

中絶手術が終わってから、次の生理が始まるまでには、個人差があってバラつきがありますが、大体30~50日程度で始まります。中期妊娠手術においてはホルモンの分泌状態によってもっと開始時期が遅くなる場合があります。なかなか生理が来ない場合は、必ず手術を受けたクリニックで診察してもらうようにしてください。

中絶後、次の生理までの間は、十分な避妊を行いましょう。セックスは、手術後、出血がなくなってから次第1~2週間(2週間以上はあけることが望ましい)で可能ですが、再妊娠の可能性がありますので、できれば、術後検診により医師のOKが出てからの方が良いと思います。

手術後の生理周期の遅れ等で、危険日を計算間違いして、術後検診の時には、また妊娠してしまっていた、という例があるのです。医師の指示をしっかりと受けた上で判断するようにしましょう。

中絶手術後の日常生活の注意点

中絶手術後の日常生活で気を付ける点についていくつかご紹介します。

術後の安静について

退院後、2~3日は自宅での安静が必要です。中絶手術後の子宮の中は傷がついているため、その状態のまま動き回ると、細菌感染がしやすく、感染症を引き起こす可能性があります。

入浴について

クリニックにより異なりますが、手術当日か翌日からシャワーを浴びることが可能です。入浴は、出血が止まり、医師の承諾を得てからになります。およそ1週間程度と思われます。

中期妊娠中絶の場合は、さらに入浴までの期間がかかるでしょう。医師の指示に従ってください。(指示を待たずに入浴をした場合、感染症等の病気を引き起こす可能性があります。)

飲酒・たばこ

飲酒やたばこは、人体への刺激が大きいため控えるべきです。出血が長引く危険性があります。

スポーツはいつから可能か

スポーツをする場合は手術後およそ1週間より可能ですが、例外もありますので、スポーツをする予定のある方は、手術をした医師の確認を必ず取ってください。

仕事はいつから可能か

一般事務系、営業、医療関係など激しく動かない業種の方は、2~3日の安静後、復帰することが可能です。(クリニックによっては、手術翌日からOKというところもあります)

>>女医が中絶手術を行うクリニックを比較しています