口コミでも高評価!女医が中絶を行う病院を徹底比較~東京編
中絶を女医が行う安心クリニックNavi
HOME >  中絶後のケア~望まない妊娠をしないために >  低用量ピルのススメ

低用量ピルのススメ

中絶手術とは、一つの命を奪うことでもあり、できることなら避けたい手術です。このような悲しい選択を二度としなくても良いように、確実な避妊をする必要があるでしょう。このページでは、現在日本の産婦人科・婦人科医の多くが推奨している低用量ピルについてご紹介いたします。

低用量ピルとは?

低用量ピルとは、OralContraceptives「OC」と呼ばれる、低用量経口避妊薬のことです。

低用量ピルの中には、人工的に合成された卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)という2つの女性ホルモンが含まれており、「排卵を抑制する」「受精卵を着床しにくくする」「精子を子宮に入りにくくする」という主な3つの働きがあります。正しく服用すれば、ほぼ100%避妊ができるという優れた避妊薬です。

低用量ピルには、21錠タイプと28錠タイプがあり、1日1錠、ほぼ同じ時間に服用するようにします。

21錠タイプには、1シートにホルモンが含まれている21錠の錠剤が入っており、7日間薬を服用しない期間があります。28錠タイプには、1シートにホルモンが含まれる錠剤が21錠とホルモンが含まれない7つの偽薬が入っています。これは、薬の飲み忘れを防ぐための処置です。

低用量ピルのメリット

低用量ピルを飲むことで起こる様々なメリットが報告されています。すべての人に必ず効果があるとはいえないのですが、世界中で、多くの人達が、その効用を実感しています。その一部をご紹介いたします。

  • 生理周期がコントロールできる…低用量ピルを服用すると、生理周期がきちんと28日周期になるため、毎月のスケジュールが格段に立てやすくなります。
  • 生理痛が軽くなる
  • 生理時の出血量(経血量)が減って、貧血が改善する
  • 子宮内膜症の悪化が防げる
  • ニキビや多毛症がよくなる
  • 長く飲み続けると、卵巣がん、子宮体がん、乳房良性疾患のリスクが減る
  • 骨粗しょう症になりにくくなる
  • 関節リウマチを予防できる

低用量ピルの副作用

重い副作用が起こることは、ほとんどありません。飲み始めに、体内のホルモンバランスがこれまでと違った状態になるために、吐き気、頭痛、不正出血、乳房の張り、倦怠感といったトラブルが起きる人もいますが、それも大体2~3ヵ月で収まります。

血栓症、心筋梗塞、脳卒中等のリスクが高くなる等、重い副作用も報告されていますが、日本人には稀です。

低用量ピルは、婦人科・産婦人科等の病院で検査を受けた上で、医師の処方箋が必要です。以前は処方箋をもらうためにたくさんの検査が必要でしたが、ガイドラインが改定されてから、血圧測定と問診のみの簡単な検査で処方してもらうことができるようになりました。

手軽な方法で始められるうえに、安全性が高いので、確実な避妊方法としておすすめです。