口コミでも高評価!女医が中絶を行う病院を徹底比較~東京編
中絶を女医が行う安心クリニックNavi
HOME >  人工妊娠中絶の疑問を解消 >  無痛中絶手術について

無痛中絶手術について

中絶手術に対応しているクリニックの中には、「無痛中絶手術」をおこなっているところもあります。無痛中絶手術とは、名前の通り、通常よりも痛みを感じにくい方法でおこなう手術のこと。
おもな方法やメリットなどを解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

無痛中絶手術とは

痛みがない中絶手術のことを指しますが、その定義や方法は複数あります。
無痛中絶手術は、以下のような処置をすることで実現しているようです。

クリニックによって、導入している方法は異なりますが、基本的には、麻酔投与時などの注射の痛み以外の手術による痛みを感じないものを「無痛中絶手術」と言うようです。

  • ラミナリアやラパンなどの器具を使用した、子宮頸口を広げるための手術前処置をおこなわない。
  • 手術中に用いる麻酔で特殊なものを使用する。
  • 術後に使用する鎮痛剤を早めのタイミングで投与する。

中絶手術の過程の中でも、手術前の処置で痛みを感じる女性が多いようです。特に、出産経験がない女性の場合は強い痛みを覚える人もいるため、この処置をおこなわないことで、痛みを軽減することができます。

また、手術に用いる麻酔の種類を変えたり、投与するタイミングを調節することで、痛みを感じにくくする場合もあるようです。

麻酔科の知識がある医師による手術とは

無痛中絶手術をおこなっているクリニックの中には、麻酔科医がいるところや、研修などの経験がある医師がいる医院もあります。

一見、婦人科と麻酔科は関係ないように思えますが、手術を安全且つ無痛でおこなう場合には、見逃せないポイントでもあります。

基本的には、無痛中絶手術でない場合も、麻酔をかけて手術をするので、手術による痛みは感じにくいと思われがちです。

しかし、麻酔科の経験や知識がない医師のみで構成されている産婦人科もあり、そのようなクリニックでは、弱めの麻酔しか使用していないそうです。そのため、手術中に麻酔が切れたり、体質などによっては麻酔がしっかり効かない場合もあるのだとか。

麻酔科の知識があるスタッフがいれば、個人に合った適度に効く麻酔を使用できるので、その心配はないそうです

また、麻酔の効き具合は体質によって左右されるため、一定の量を投与すれば必ず無痛になるというわけではありません。
手術の状況や患者さんの体質などに合わせて細かく調節していくことで、無痛の状態を安全に維持できるものなのです。

麻酔の種類や量まで気遣っているクリニックや、麻酔科の経験があるスタッフがいる医院だと、より安全で身体へのダメージが少ない無痛中絶手術が受けられるでしょう。